写真・図版
[PR]

 以前、鼻を強くかみすぎて、中耳炎になったことがあります。正しい鼻のかみ方とは? スギ花粉が本格化する時期を前に、調べてみました。

 大阪はびきの医療センター耳鼻咽喉(いんこう)科の川島佳代子・主任部長は、正しい鼻のかみ方のポイントについて、「片方ずつゆっくりかんで、強くかみすぎないこと」と話す。「子どもたちに鼻をかんでもらうと、両方の鼻を一気にかむ子が多い。正しいかみ方は、意外に知られていない」と川島さん。

 両方の鼻を一気にかむと、鼻の中の圧力がうまく逃げず、耳に負担がかかる。細菌を含んだ鼻水が耳に入って中耳炎になったり、鼓膜が破れたりすることもある。まれに内耳からリンパ液が漏れる「外リンパ瘻(ろう)」という病気になり、突然のめまい、難聴を引き起こすこともある。鼻水が詰まっているときは、無理に出そうとしないことが大切で、病院で治療した方が良いケースもあるという。

 鼻水をすする習慣も、長く続け…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら