[PR]

 大相撲初場所(東京・国技館)6日目の19日、横綱稀勢の里(31)=本名・萩原寛(ゆたか)、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が日本相撲協会に休場を届け出た。5日目まで1勝4敗だった。休場は昨年夏場所から5場所連続。横綱が5場所以上続けて休場するのは2002年九州場所から6場所休んだ武蔵丸以来。今場所後の横綱審議委員会で厳しい意見が出れば、来場所は進退問題に発展する可能性もある。

 師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)によると、5日目の嘉風戦で左胸を痛めたといい、「左大胸筋損傷疑い、左前胸部打撲で3週間の安静とする」との診断書を提出した。田子ノ浦親方は「古傷に近い箇所。泥臭くやって上がってきた男。体も心も作り直さないといけない」と話した。

 稀勢の里は今場所、稽古量に自信を持って臨んだが、初日に新小結貴景勝に敗れると、3日目から平幕に3連敗。3日連続の金星配給は先場所に続く屈辱だった。

 横審の北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)は場所前、稀勢の里が仮に全休してもまだ進退問題にはならない、との見解を示していた。一方で、星勘定が悪くなってからの途中休場は印象が良くないとの認識だった。横審の内規は横綱の休場が多い場合、「激励、注意、引退勧告等をなす」と定めている。