[PR]

 クラシック音楽を身近に感じてもらおうと、島田市出身のピアニスト鈴木啓資さん(26)ら3人が19日、同市のアピタ島田店と川根温泉ホテルで30分間の出前ミニコンサートを開いた。

 アピタ島田店では100人を超える買い物客が足を止めた。鈴木さんはバイオリンの白石彩音さん(24)、チェロの三原香璃さん(24)とともに、エルガー作曲の「愛のあいさつ」など4曲を演奏。「地方はオーケストラが演奏できる場所も少なく、音楽家が育ちにくい。これを機に親しんでもらえたら」と話した。

 20日午後3時から、同市中央町のプラザおおるりで、鈴木さんらとアルディフィルハーモニー管弦楽団によるコンサート「次世代への前奏曲」がある。市内に伝わる民謡や茶摘み歌をもとに大曽根浩範氏が作曲した「島田地域の民謡によるラプソディー」も初披露される。午後0時半からのリハーサルも無料公開する。当日券は一般3千円、中学生以下2千円。問い合わせはプラザおおるり(0547・36・7222)。(阿久沢悦子)