[PR]

 猫を社員に登用することで知られる両備グループ(岡山市)は24日、岡山電気軌道の「おかでんミュージアム」に常駐する新たな猫社員に辞令を交付した。名前は美宇(ミュー)で、推定生後8カ月のメス猫。歴代では9匹目の社員で、現役で働く6匹の先輩に続き、社のアイドルになれるか期待されている。

 両備グループは、小嶋光信代表が和歌山電鉄貴志川線の再建に取り組み、駅に猫の駅長を置いたことで全国的に有名になった。

 初代「たま駅長」は国内外からファンが駅に集うなど、地域活性化の原動力になった。2015年6月に死んだが、今でも駅には多くのファンが訪れ、昨年は検索サイト「グーグル」のロゴに起用されるなど、現在も人気は衰えていない。

 新入猫社員・美宇は昨年6月、岡山電気軌道の社員に保護された。会社近くの植え込みで鳴いているのに人間の社員が気づき、先輩猫社員の「SUNたまたま」が鳴き声でおびき寄せたという。

 三毛猫ではないため駅長にはなれないが、見た目の愛くるしさから社員になることが決まった。24日の辞令交付式では、ミュージアム館員の肩書と名前の入ったメダルが贈られた。火、水曜以外は館内の専用室で来館者を癒やす。

 この日は、多くのカメラを前に緊張気味だった美宇は、先輩のSUNたまたまから「シャー!」と喝(かつ)を入れられしょぼん。そんな美宇に小嶋代表は「美しさでは和歌山電鉄のニタマ駅長と双璧。ミュージアムに温かさをもたらしてほしい」と目を細めた。

 猫社員はどんな仕事をしている…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら