[PR]

 チリを訪れていたローマ・カトリック教会のフランシスコ法王が18日、飛行中の機内で、乗務員2人の結婚式を急きょ執り行った。2010年2月にあったチリの大地震で、教会での挙式が延期になったままの2人に、法王が自ら提案したという。地元紙は、法王が機内で結婚式を行うのは初めてだと伝えている。

 挙式した2人はカルロス・シウファルディさん(41)とパウラ・ポデストさん(39)。ともに地元のラタム航空の乗務員で、法王が首都サンティアゴから北部イキケに向かう便に添乗していた。8年前に婚姻届を出し、すでに娘が2人いるが、ずっと教会での挙式を望んでいたという。

 大地震で教会が倒壊し、結婚式が延期になったことを2人が伝えると、法王が「ここで結婚式をしてあげましょうか」と提案。同乗していた航空会社幹部が立会人を務め、機内前方で短い式を挙げた。結婚証明書もその場で作成。法王は2人に「歴史に残る結婚式だ」と語ったという。

 パウラさんは「夢のようです」と感激。「つきあい始めたのは10年前。私は機内で彼の上司でしたが、今は家庭でも上司です」と冗談を言う場面もあった。

 報道によると、ローマ法王庁はこの結婚式について「正式で有効」と説明しているという。(サンパウロ=田村剛