[PR]

 19日午後1時40分ごろ、品川発土浦行きのJR常磐線特別快速(15両編成)の車内で女性(25)が出産した。快速は柏駅で停車し、母子は千葉県内の病院に運ばれた。柏市消防局によると、生まれたのは女児で、母子ともに無事だとみられている。JR東日本によると、「車内での出産については過去に聞いたことがない」という。

 同社東京支社によると、柏駅にとまった際、乗客がホーム上の緊急停止ボタンを押した。駅員がかけつけたところ、6号車の優先席付近で、女性と赤ちゃんが床に横になっていた。同社は、当時「女性はぐったりとしていて、赤ちゃんはへその緒がついた状態だったようだ」という。救急隊が着くまで、他の乗客の目に触れないよう、駅員らが周辺をブルーシートで囲った。救急隊が駆けつけて母子は病院に運ばれた。

 同社によると、8分ほど前に柏駅の前の松戸駅に停車した際には、緊急停止ボタンなどでの連絡はなかったという。同社の広報担当者は「もともと柏駅で下車予定だったようだ」と話している。

 大学病院に勤務する40代の産婦人科医は「初産かどうかにもよるが、普通は本人が異変に気づいてから出産するまで、早くても1時間はかかる。ごくまれに間に合わなくて救急車内で出産する人がいる程度。病院に向かっている途中に、思ったより早く分娩(ぶんべん)が進んだなどの事情があったのだろうか」と話す。「今回は無事だったようで何よりだが、妊娠中は突然異変が起きることもあるので、気をつけてほしい」

 首都圏で妊婦向けのタクシーサービスをしている京王自動車によると、2016年度に陣痛が起きてタクシーを利用した1367人のうち、間に合わずに車内で出産したのは1人だけだったという。