[PR]

 3月の大統領選で4選を目指すロシアのプーチン大統領がロシア正教の「主の洗礼祭」にあたる18日夜、ロシア北西部の修道院を訪れ、湖の氷を割って作られた野外の穴に体を浸した。イエス・キリストがヨルダン川で洗礼を受けたことに由来する伝統の行事で、大統領府が映像を公表し、ロシアのメディアが伝えた。

 気温は零下6~7度。映像が示すプーチン氏は、湖水に体を浸しながら3本の指で盛んに十字を切った。

 ロシア正教会は近年、政権と関係を深め、プーチン氏もよく教会の儀式に姿を見せる。ペスコフ大統領府報道官はロシアのメディアに「大統領は何年も洗礼祭で水浴している」と説明したが、タス通信によると、大統領府が公表したのは初めてだという。

 プーチン氏が、引き締まった体を誇示するように大自然の中で上半身をむき出しにする写真は、しばしば公表される。だが、今回はむしろ、正教徒であるプーチン氏の敬虔(けいけん)さを強調する狙いがありそうだ。

 プーチン氏は修道院訪問の前、900日近くにわたった「レニングラード包囲戦」に関する博物館も見学した。18日は、第2次世界大戦でナチス・ドイツ軍に包囲され、孤立したレニングラード(現在のサンクトペテルブルク)に、激しい戦闘の末、ソ連軍が外から回廊を開いた日から75年の記念日だった。退役軍人らを前に、犠牲になった兵士らを「武器を手に一歩も後ろに退かなかった」とたたえる映像も、くり返しテレビで伝えられた。(モスクワ=喜田尚)

こんなニュースも