[PR]

 公立小中学校の教員の長時間労働が常態化するなか、自治体が教員の独自配置を進めている。学習内容に対応し、多様な児童と向き合うためには、より多くの教員が必要との判断からだ。文部科学省も多忙化解消のためには教員の人数を増やしたいとしているが、国の財政事情などが立ちはだかり、主に進むのは教員の業務見直しだ。

 北海道北部のある市立小学校は毎日、深夜まで校舎の明かりがともる。女性教諭(35)は、学校の隣に住む保護者に会うたび言われる。「先生の車、昨日も学校に止まっていたね」。地域の住民は学校を「不夜城」と呼ぶ。

 全校児童は200人余り。女性…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら