[PR]

ロータリーエンジンの半世紀 栄光編(4)

 「大衆が見ている前で、ロータリーエンジン(RE)の信頼性、耐久性を証明しなければいけない」

 東洋工業(現マツダ)のRE研究部長、山本健一はこう考えていた。新しいがゆえに壊れる、というイメージを、レースを通じて払拭(ふっしょく)しようとした。

 山本紘(77)は、この言葉を上司を通じて聞いた。これまでにもエンジニアとして国内外のレースを経験してはいたが、REは初めて。しかも舞台として選ばれたのは、旧西ドイツ・ニュルブルクリンクの「マラソン・デ・ラ・ルート」。84時間、3日半を走りきらなければならない。1967年のレースに通常のレシプロエンジン車で出場した古我信生(のぶお)のデータを活用して臨んだ。

 REの馬力、回転数について実…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら