【動画】西アフリカ・ブルキナファソの鉱山開発は、地元に利益が還元されなかったという=高野遼撮影
[PR]

収奪の大地 パラダイス文書

 はるか北に広がるサハラ砂漠からの砂ぼこりで視界がかすむ。西アフリカ・ブルキナファソ。乾いた大地に日差しが照りつけ、日中の気温は35度を超える。

 11月29日、チャーターしたトヨタの四駆で首都ワガドゥグから西へ2時間半。赤土のでこぼこ道で、轟音(ごうおん)を立てる大型トラックとすれ違う。やがて厳重に警備された正門が現れた。

 「ナントウ鉱山」。スイスの巨大商社「グレンコア」が鉛の採掘を進める。「パラダイス文書」は、この鉱山開発で生み出された利益がタックスヘイブン(租税回避地)に移されている現実を暴いた。

 鉱山近くのペルコア村を訪ねた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら