[PR]

(20日、大相撲初場所7日目)

 横綱鶴竜が栃ノ心との全勝対決を制して7連勝。嘉風を退けた関脇御嶽海とともに勝ちっ放しを守った。平幕朝乃山は1敗に後退した。大関豪栄道は5勝目を挙げたが、高安は連敗で3敗目。関脇玉鷲は5連敗。新小結貴景勝も4連敗。阿武咲は黒星が先行した。

脂のってきた25歳

 御嶽海の対戦相手の嘉風は「私はヒールに徹します」といっていた。白鵬と稀勢の里を下して休場に追いやり、前日は豪栄道に2敗目をつけた。そんな35歳の野心など一蹴してしまう強さが、脂がのってきた25歳の御嶽海にはあった。

 「まあ、流れはよかった。押し出そうとした」と関脇。かといって、勢い任せではない。互角の立ち合いから左はずで押し込むと、ぱっと下がって距離を取った。何か危険を察知したのか。よく相手を見ている。再度、挑みかかった。まさに地に足をつけ、腕に力を伝えてぐいぐいと押す。嘉風を十分にのけぞらせて、つっかい棒を外すようにして引き落とし。

 ぴたりと鶴竜に並走し、優勝は意識するかと問われても、「全然。まだ7番ですから」とそっけない。「多少は」と関心を示すのが2けた白星だ。一昨年の九州場所で小結昇進以降、平幕落ちは1度だけ。だが、定着した三役では9勝どまりだ。さらに上を目指すには、まずこの殻を破りたいとの渇望がある。

 昨年の忘年会。部屋頭として若い衆を引っ張れと、師匠の出羽海親方(元幕内小城乃花)に改めて促され、年明けのけいこに力がこもってきたと周囲は見る。これまで、いま一つ足りないと言われてきた「自覚」が芽生えてきたのか――。持ち前の相撲センスは折り紙つき。大関に飛躍するきっかけとなる場所になるかもしれない。(隈部康弘)

好調2人に土

 好調だった2人の平幕に土がついた。栃ノ心は珍しく突いて出たが、鶴竜にまわしを取られて万事休す。これで鶴竜戦1勝21敗。相性の悪さを問われると、「それもあるかも」と大きなため息をついた。幕内3場所目の23歳、朝乃山は動きが硬く、同学年の大栄翔のはず押しに一方的にやられた。「今日はいいところが何もない。明日また気合入れて頑張ります」。上位に食らいつこうと、気持ちを切り替えた。

 ○琴奨菊 土俵際から逆襲し、「うまく力が伝わった」とご機嫌。大関から転落して1年、と水を向けられると「今が一番強いよ」とにんまり。

 ○北勝富士 「黒星が続いていたから、逆に」と雪駄(せった)の色を薄ピンクから黒に変更。連敗を3で止め、「やっぱり雪駄のせいだった」。

 ○鶴竜 全勝対決に完勝し、「前傾姿勢が崩れなかったのがよかった」と満足げ。「今まで通り自分の相撲に集中して、明日もやるだけ」

 ●栃ノ心 全勝対決に敗れ、鶴竜戦1勝21敗に。相性の悪さを問われ「それもあるかも。今日は今日。明日からまたね」。

 ●朝乃山 初黒星。「今日はひどい。いいところが全くない。明日また気合を入れて頑張ります」

 ○松鳳山 6連勝。「(顔を張られたとき)耳がキーンってなった。熱くならず、冷静に相撲を取れた」

 ○大栄翔 朝乃山に初黒星をつけ、1敗を維持。「イメージ通り。同学年には負けたくなかった」

こんなニュースも