【動画】上原浩治さんと鈴木尚広さんが福島で野球教室=茶井祐輝撮影
[PR]

 大リーグ・カブスでプレーしていた上原浩治さん(42)と、元巨人の鈴木尚広さん(39)による野球教室が20日、福島市佐原のあづま総合体育館であった。県内の小中学生約300人に、約2時間にわたって投球や走塁について教えた。

 野球教室は東邦銀行と県主催。東京五輪で野球とソフトボールの試合の一部が県内で行われるのにちなみ、子どもたちの競技力を向上させるのがねらいだ。

 投手の上原さんは「もっと腕を上げて、腰を落とさずに」などと、身ぶり手ぶりを交えて子どもたちに指導。盗塁の通算成功率(200盗塁以上)が歴代1位の鈴木さんは、子どもたちと一緒に走るなどして走塁の極意を伝えていた。浅川町の浅川中野球部、小沢圭一朗さん(13)は「親しみやすかった。勉強になりました」。

 次の所属先が決まっていない上原さんは「いまは無職で就活中」と笑いをとる場面も。五輪出場経験がある上原さんが「オリンピックでもう一度やりたい」と言うと、鈴木さんは「ぜひ福島で投げて欲しい」。すると上原さんは「可能性はほぼゼロです」と再び笑いを誘っていた。