[PR]

 サッカーJ2の京都サンガが本拠にする亀岡市追分町の「京都スタジアム」(仮称)の起工式が、同市余部町のガレリアかめおかであった。サンガの布部陽功(ぬのべたかのり)監督ら約300人の関係者が参加し、完成を心待ちにしていた。

 起工式は20日にあり、布部監督は「客席とピッチの距離も近く、見ている方もわくわくするスタジアム。すばらしいプレーができるように頑張っていきたい」とあいさつした。

 京都スタジアムは来年末にJR亀岡駅から北東へ徒歩3分の場所に完成し、2020年春にオープンする予定。4階建ての客席はすべて屋根で覆われ、約2万1600人を収容できる。

 当初の計画では今年3月、亀岡…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら