[PR]

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は20日、山形市のクラレ蔵王シャンツェ(HS102メートル、K点95メートル)で団体第2戦が行われ、岩渕香里(北野建設)、勢藤優花(北海道ハイテクAC)、伊藤有希(土屋ホーム)、高梨沙羅(クラレ)の順に飛んだ日本が優勝した。日本は今季始まった団体で昨年12月の第1戦に続き、2連勝を飾った。(時事)

こんなニュースも