[PR]

 熊本学園大の学生らが、21日、「シニアのためのスマホ講座」を同大で開いた。高齢者にスマートフォンを安全に使ってもらおうと、パスワードの設定方法などを指南した。

 指導役は、堤豊教授(情報科学)のもとでプログラミングを学ぶゼミに所属する2~4年生の学生約40人。普段はインターネット上の有害情報を通報する「サイバーパトロール」ボランティアも行っている。高齢者向けのスマホ講座は2015年から開催しており今年で4回目。今回は約50人が参加した。

 学生たちは、高齢者を前に、無料通話アプリの使い方や、災害時の利用法などを講義。その後の個別相談では、ロックのかけ方や無料通話アプリで知らない人からメッセージが来ないようにする設定の仕方などを個別に丁寧に説明し、参加した高齢者がメモを取りながら熱心に聞いていた。

 1週間前にスマートフォンを購…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら