【動画】薬物依存の回復プログラムに取り組みながら、舞台に立つ杉田光央さん=鶴信吾撮影
[PR]

 薬物依存症から抜け出すため、ファンの前で歌う男性がいる。NHKの子ども向け番組「おかあさんといっしょ」で1999~2003年に「歌のお兄さん」を務めた杉田光央さん(52)だ。回復支援施設「長野ダルク」(長野県上田市)で生活しながら、舞台に立ち続ける。

 1月上旬、長野県松川村の多目的ホールで杉田さんは約250人のファンを前にマイクを握った。短髪で日焼けした肌は真っ黒。時に目を潤ませながら、子ども向け番組で歌っていた「銀ちゃんのラブレター」「あ・い・う・え・おにぎり」など、10曲ほどを熱唱した。

 杉田さんによると、初めて覚醒剤を使用したのは20代の頃。知人に勧められ、覚醒剤とは知らずに使ったという。依存症が深刻になったきっかけは、歌のお兄さんを辞めた後の05年ごろ、旅行でインドネシアを訪れたことだった。売人の男に覚醒剤を見せられ、「脳からよだれが出るような感覚」に襲われた。帰国後も使うようになり、やがて月数回の頻度に。16年4月、自宅で覚醒剤を所持した疑いで現行犯逮捕され、2カ月後に東京地裁から執行猶予付きの有罪判決を言い渡された。

 立ち直るため、「日本で一番厳…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら