[PR]

 鹿児島市松陽台町で7日に市内の女子高校生(16)が刺されてけがをした事件で、殺人未遂容疑などで逮捕された鹿児島県内の中学生の少年(15)が、「誰でもよかった」という趣旨の供述をしていることがわかった。県警は動機などを詳しく調べている。

 県警によると、7日の事件後に現場周辺の防犯カメラの映像などを分析し、少年を特定。行動を監視していた20日の昼過ぎ、少年が県内の商業施設でナイフを購入し、若い女性の後をつけるような行動をしていた。少年は誰かを探すようなそぶりを見せており、逮捕後の取り調べで、「知らない女の人を刺した」「誰でもよかった」などと話したという。

 また少年は、20日に職務質問された際、捜査員から声をかけられた理由を聞かれると、「松陽台のことですか」と自ら話し、犯行を認めたという。

 県警は同日、少年の自宅などを家宅捜索。犯行時に着ていたとみられる着衣や手袋など23点を押収し、事件との関連を調べている。

 少年は7日午後1時15分ごろ、同市の「松陽台ふれあい公園」の歩道付近を歩いていた女子高生に後ろから近づき、背中や腹などをナイフ(刃渡り約9センチ)で複数回刺し、1カ月のけがをさせた疑いがある。傷の一つは腎臓に達していたという。(野崎智也、井東礁)