[PR]

 ノルディックスキー・ジャンプ女子のワールドカップ(W杯)は21日、山形市のクラレ蔵王シャンツェ(HS102メートル)で個人第8戦があり、伊藤有希(土屋ホーム)が90・5メートル、91・5メートルの215・7点で2位、高梨沙羅(クラレ)は89メートル、91メートルの215・4点で3位に入った。高梨は男女を通じてW杯ジャンプ歴代単独最多の54勝目はならなかった。優勝は97メートル、最長不倒の101メートルを飛んだマーレン・ルンビ(ノルウェー)が245・9点で5連勝し、今季6勝目。

 高梨、伊藤以外の平昌(ピョンチャン)五輪代表は、勢藤優花(北海道ハイテクAC)が6位、岩渕香里(北野建設)が10位だった。

こんなニュースも