[PR]

 J1で連覇を狙う川崎が21日、川崎市内で新体制発表会見を開き、FC東京から2シーズンぶりに復帰したFW大久保嘉人(35)が、今夏にワールドカップが開かれるロシアにちなんだ登場で会場をわかせた。

 ほかの新加入選手たちは歩いてステージに上がる中、大久保の番では、大久保の似顔絵が描かれた大きな筒状の箱がステージ脇から運び込まれた。スタッフが筒を外しても、中から再び大久保の似顔絵が出てくる様子はまるでロシアの民芸人形「マトリョーシカ」。最後には背番号「4」のユニホームを着た本人が姿を現した。

 「チームの外からほぼ毎試合、川崎の試合を見ていた。やっぱり、(川崎のサッカーが)好きなんだなと。また戻れてうれしい」と笑顔で語った大久保。3年連続で得点王になった古巣への返り咲きで、往年の輝きを取り戻せるか。