【動画】肉の代わりの食品として広がりをみせる大豆の加工食品「大豆ミート」=鈴木洋和撮影
[PR]

 大豆の加工食品で、肉代わりに使える「大豆ミート」の人気が広がっている。ハンバーグやから揚げなどに調理すれば、外見はそっくり。飲食店で使われたり、スーパーに置かれたりしている。裾野が広がる理由とは――。

ハンバーガーもから揚げも

 堺市の「ヴィーガン・バーグ・キッチン」は、動物性食品を使わない菜食ハンバーガー店として昨年4月にオープンした。店で出す大豆ミートのメニューは、見た目も味付けも肉を使った「本物」にそっくりだ。

 ハンバーガーを食べた市内の事務職員、岡崎舞さん(24)は「脂っぽくなくてヘルシーだけど、肉のハンバーガー並みにボリュームがあっておいしい」。友人の事務職員陣ノ智子さん(34)は、から揚げをほおばり「弾力など鶏のから揚げと全く同じ。言われないとわからない」と驚いた。

 店長の中井純一さん(47)は、もともとイタリア料理店などを経営。40歳の時に体調を壊したのを機に、菜食に興味を持った。

 大豆ミートは乾燥品を使うので、適度な軟らかさになるよう、湯戻しの時間に気を使う。肉に似せるため、オリーブ油を混ぜる。マヨネーズやソースは動物性の原料が含まれる市販品を使わず、手作りする。制約があるなか、いかに本物に似せるか、調理を工夫するのが面白いと感じた。

 大阪市内に菜食レストランを開いたところ徐々に客が増え、続いてハンバーガー店を出した。菜食はとっつきにくい、味は二の次、と思われがちなので、親しみやすいメニューに特化した。「肉を食べる人にぜひ来て欲しい。今日は野菜だけでいける、と思ってもらいたい」と中井さん。

■イオンでは5年…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら