[PR]

 原発事故後の県の県民健康調査で見つかった小児甲状腺がんは、ある一定期間、悪化が止まっている例が多いとする研究結果を、緑川早苗・県立医大准教授(内分泌内科)らのグループが発表した。

 時間の経過にともない一様に大きくなるのではないとの見解を示したもので、グループは、腫瘍(しゅよう)に転移などがないとみられる場合は、過剰な治療を避けるために「即座に診断をせずに経過観察することが必要だ」と結論づけている。

 グループは、事故当時おおむね18歳以下が対象になる県民健康調査の甲状腺がん検査1巡目で、がんかがんとみられる腫瘍などが見つかった116人(うち女性77人、平均年齢16・9歳)のデータを分析。1次検査から2次検査まで観察期間中の、腫瘍の大きさの変化を調べた。

 甲状腺がんは、大人では長期間にわたり増殖が停滞する時期を持つ傾向があり、最終的に患者の生死に影響がないことが多いため、治療を避け、経過観察されることがある。

 一方、子どもや若者のがんについてはデータが少なく、どのようなスピードで増殖するか、専門家にも意見の相違がある。それが治療の必要性を巡る議論にもつながっている。

 グループが実施した観察期間の平均は約半年間だったが、直径が増減10%未満で変わらなかったとみなせる人が81人、10%以上大きくなった人が28人、10%以上小さくなった人が7人だった。

 全員のデータを元に検査で見つける最小のがんである5ミリで発見されたと仮定し将来の経過をシミュレーションしたところ、発見後8年ごろから腫瘍の成長が止まり、がんが増殖しない時期を持つ傾向があると分かった。

 論文は、米専門誌の電子版に昨年11月掲載された。

 

手術するか経過見るか、判断の一助に 緑川准教授に聞く

 中心となって論文をまとめた緑川准教授に聞いた。

 ――「増殖が止まる時期がある」との意味は。

 子どもの甲状腺がんについては、がんの増殖が早い恐れがあるとされています。ただ、データがなく、増殖の傾向は分かっていませんでした。今回の研究は、データを元に初めて一定の性質を示せました。しかし、観察期間は短く症例も少ないので、さらに2巡目以降も検討します。

 ――これまで検査の結果がんを手術した人は、過剰な治療だったのか。

 そんなことはないはずです。がんの増殖傾向は「その確率が高い」という統計的な性質を示すもので、必ずしも全員のがんが経過観察でよいがんとも限りません。また、体からがんを取り除きたいと思うのは当然のことです。

 ――今後検査で腫瘍(しゅよう)が見つかった人は、どのように考えたら良いか。

 例えばすぐ手術するのか経過を見るのか決める判断の一助になります。主治医の先生とよく相談して、ご自身の納得する方法を決めて下さい。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/

(奥村輝)