写真・図版

  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 発達する低気圧の影響で、東京や神奈川など首都圏で22日午前から雪が降り始めた。同日夕方から23日明け方にかけて、関東や甲信越地方の広い範囲で大雪になり、東京23区で10センチの降雪になるなど関東南部の平野部でも警報級の大雪になる可能性がある。23区の降雪のピークの予想は午後6~9時で帰宅時間帯と重なるとみられ、気象庁は路面の凍結や交通への影響に警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、23日午前6時までの24時間に予想される各地の雪の量はいずれも多い所で、甲信地方や関東北部の山沿い、東北で30センチ、箱根から多摩地方、秩父地方で20~25センチ、中国、近畿、東海、北陸で20センチ、横浜市で8センチの予想。

 23日からは強い冬型の気圧配置になり、今月末まで続く見通し。各地で残った雪の影響で路面が凍結しやすくなり、日本海側では断続的に雪が降って降雪量はかなり多くなるという。

 交通機関にも影響が出ている。日本航空は22日午前11時時点で、同日昼以降に東京・羽田空港や成田空港を発着する大阪便や福岡便など計24便の欠航を決定。影響する利用者は約5千人と見込む。JR東日本は22日午前、東京と長野を結ぶ特急「あずさ」「かいじ」や、東京と伊豆半島間を走る特急「スーパービュー踊り子」、都心から多摩方面に向かう有料座席指定列車「中央ライナー」「青梅ライナー」などの運休を決めた。小田急電鉄も午後、特急ロマンスカー55本を運休する。鉄道各社は午後からの雪に備え、「運行情報を確認し、余裕を持ったご利用を」と呼びかけている。

 都内で22日に始まる予定だった「相乗りタクシー」の実証実験は開始が見合わせられた。

 雪の日にはどんな点に注意すればいいのか。「ウインターライフ推進協議会」によると、歩く際には①なるべく軟らかいゴム底の靴を履く②歩き始めに注意。小さな歩幅で靴の裏全体を路面につける――などに留意する。歩きながらのスマホも厳禁だ。車の運転ではアクセルやブレーキは徐々に踏み、吹雪ならライトをつけることも必要だ。

 国交省は21日に緊急発表を出し、不要不急の外出を控え、車で外出の際には冬用タイヤの装着を呼びかけている。