[PR]

(22日、大相撲初場所9日目)

 雪で屋根が真っ白になった国技館。館内のボルテージが一気に高まったのは結びの3番前だ。

 土俵際、腰を沈めた栃ノ心が164キロの御嶽海を荷物のように持ち上げた。土俵外にひょいと下ろす。その怪力ぶりに、大歓声とどよめきが入り交じった。

 1敗同士対決。どちらが鶴竜を追うのか、を占う一番だった。結果は栃ノ心の完勝。立ち合いで突き放した後、左上手をつかみ、右を差す。万全の形でフィニッシュへ持って行った。「うれしいね」。9日目での勝ち越しを決めたのは実に、7年ぶりだ。

 古傷を抱える両ひざの状態がいいという。「怖さがない」「立ち合いに迷いがない」。もう一つ、昨年11月に故郷ジョージアで生まれたまな娘の存在が支えになっている。まだ直接会えていないが、テレビ電話で顔を見られる。妻から写真も送られてくる。

 鶴竜との直接対決で敗れている以上、栃ノ心に自力優勝の可能性はない。それでも2横綱が不在で、両大関も優勝に絡めそうにない。「あんまり考えたくない」と笑うが、この30歳が、引き続き場所後半の土俵を盛り上げそうだ。(鈴木健輔)

こんなニュースも