[PR]

 ニューヨーク・マンハッタンで服飾デザイナーをしているキム・ファンは、自分そっくりのミニチュア人形を作りたいと思った。2017年のことだが、彼女のブランド「Yumi Kimu(ユミ・キム)」のプリントドレスを着て、市内ソーホーにある3Dテクノロジー会社Doob(ドーブ)の支店に行った。鏡で囲まれ、54台のカメラが設置された「Doobicator(ドゥービケーター)」と呼ばれる部屋に通された。カメラがあらゆる角度から彼女を撮影した。撮影後、部屋を出て、モニターで自分のイメージを確認した。

 「私はさっそうと動いているような姿にしたかった。だから、ドレスが風に揺れているような場面をとらえて、って頼んだの」とファン。

 ドーブ社では写真測定法という、映画やビデオゲーム業界で多用されている手法で撮影し、それを高解像度の3Dファイルに変え、樹脂製のフィギュアを制作している。

 出来上がった自分の3Dフィギ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも