[PR]

 医学の進歩は、たいていは生きている人のためにある。しかし、これは死者のためのものだ。

 こんな状況を思い浮かべて欲しい。

 脳死状態の人(多分、男性)が、ニューヨーク・マンハッタンにあるニューヨーク大学(NYU)ランゴーン医療センターの形成外科に運ばれてくる。まず、待ち受けていた技師が、その人の顔を丁寧にスキャンして、データを細部にわたって記録する。

 移植手術は、その後に始まる。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも