[PR]

 「夢の実現に向かって進み続けて」――。JR郡山駅構内で、受験生向けにこんなメッセージが掲げられている。今年度入社したJR東日本の女性社員が自らの思いを込めたという。

 大学入試センター試験初日前日の12日、在来線改札口の通路に桜の飾りをあしらった黒板が置かれた。「受験生のみなさまへ」と題したメッセージが白墨で丁寧に書かれていた。

 自分が数年前に友達と励まし合いながらセンター試験に臨んだ体験をつづる。そのうえで、「きっとみなさんには夢があると思います。目指す職業がある、学びたい専攻がある、一人暮らしをしてみたい、東京に出たい……何でも良いと思います。思い描くキラキラした夢をぜひ自分のものにしてください」。

 そしてこう続ける。「私自身、受験生の頃に持っていた夢は叶(かな)えられませんでした。しかし、大学に進学して、新しいことを学び、見て、沢山(たくさん)吸収できたのは自分の財産になっています」「みなさんの可能性は無限大です!!支えてくれた家族、友人、先生、最後は自分を信じて力を発揮してきて下さい」……。

 15日にメッセージの内容が変わった。「最後まで諦めず夢の実現に向かって進み続けて下さい」「郡山駅は、夢に向かって努力を続けるみなさんを応援しています!!」「サクラ咲け!!」。

 2月上旬まで掲示予定だ。郡山駅では一昨年にも受験生向けのメッセージを掲げたが、「私もぜひ応援したい」と今度は東北出身の新入社員が手を挙げたという。大勢の駅利用者が足を止め、SNSでは「凄(すご)く泣けますね」「感動~」といったコメントが寄せられている。(高田誠)