[PR]

 小野寺五典防衛相は22日、在日米軍の航空機やヘリの事故やトラブルが2017年に25件発生し、16年の11件から倍増したとの防衛省の調査結果を明らかにした。米側は日本に「米軍機による事故やトラブルは減少傾向にある」と説明しており、日米で認識の違いが浮き彫りになった。

 小野寺氏は記者団に対し、「(在日米軍を統制下に置く太平洋軍トップの)ハリス司令官から(件数が)減っているという話があったので、その数字に違和感を覚えた」と指摘。「私たちに減っている感覚はない」と述べた。

 ハリス氏は今月上旬の小野寺氏との会談で「航空機事故は16年より減少傾向にある。16年は30件以上の事故があったが、17年は小さいものも含め20~25件となった」と説明。「減少していること自体が、米軍が安全第一に運用している証しだ」と述べた。

 防衛省は米軍の施設区域外で起…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら