[PR]

 姫路城(姫路市本町)が世界文化遺産に登録されて25年を迎えるのを記念し、姫路城管理事務所は1963(昭和38)年ごろの入城券「縦覧券」を復刻させ、2月1日から入城者に計3万枚配る。なくなり次第、配布を終える。

 日本の代表的な城郭建築の姫路城は、「法隆寺地域の仏教建造物」(奈良県斑鳩町)とともに93年12月、国内最初の世界文化遺産に登録された。

 復刻される「縦覧券」(約11センチ×約12センチ)は、表面に青色で「姫路城縦覧券」の文字と、姫路城とシラサギなどが、裏面には黒色で配置図が印刷されている。姫路城に入城する人に、入城口の改札で配布される。入城料は大人1千円、小中高校生300円。問い合わせは姫路城管理事務所(079・285・1146)へ。