山中所長「強く後悔、反省」 京大iPS研の論文不正

[PR]

 京都大iPS細胞研究所(CiRA)の助教の研究論文に捏造(ねつぞう)や改ざんが認められたことを受け、22日夕に会見した山中伸弥所長は、「このような論文不正を防ぐことができず、所長として非常に強く後悔、反省をしております」と謝罪した。

 山中所長によると、助教本人も不正を認めているという。CiRAでは、論文不正を防ぐために定期的に実験ノートを提出させ、論文発表時に生データも提出させてきた。山中所長は「こうした対策をとってきたつもりだったが、残念ながら論文不正を見抜くことはできなかった。私たちがやってきたことが不十分だった」と語った。

 一方、CiRAや他の研究機関が計画している臨床研究や治験とは「全く無関係の論文であることはご理解いただきたい」と述べた。