[PR]

 昨年末、スズキが新型車2台を相次いで発売した。異例の販売攻勢で投入したのは、小型普通車の新車種「クロスビー」と、軽ハイトワゴン「スペーシア」の全面改良版。売れ行きに期待がかかる渾身(こんしん)の2車種に試乗し、その実力とヒットの可能性を探った。

丁寧に作り込んだ新機軸 クロスビー

 スズキが2014年1月に発売した軽SUV「ハスラー」は、クロスカントリー仕立てのデザインとカラフルな外装色の個性派として根強い人気がある。クロスビーは、そんなハスラーのテイストを踏襲しつつ、高い居住性や十分な走行性能の実現をうたう。1リッター3気筒のコンパクトなターボ付きエンジンに、モーター機能を兼ねる発電機がエンジン駆動を補完的にアシストする低コストの「マイルドハイブリッド」システムを組み合わせた。

 昨秋の東京モーターショーでのお披露目までは、ハスラーのフェンダーを大きくしただけ、との観測もあったが、ふたを開けてみれば小型車「イグニス」をベースとした新設計。軽規格のハスラーでは難しかったボディーの抑揚あるデザインやバンパーの張り出し具合によって、実寸以上にたくましく見える。そしてサイズアップの最大の恩恵は、後部座席と荷室の広さ。薄くて平板な軽のシートと違って座面が大きく座り心地は良好で、さらにその後ろのラゲッジルームに大きな荷物が積める。

 走り出すと、加速の力強さと変速のスムーズさが小気味よい。過度な燃費追求を避けて変速機にCVTを用いず、オーソドックスなトルクコンバーターの6速ATを採用したのが効いている。走行モードをスポーツモードに切り替えてアクセルを踏み込むと、さらに高回転域まで吹け上がり、ちょっとしたスポーツカー気分を味わえる。

 軽依存からの脱却と積極的な海外展開を視野に、小型車ラインナップの拡充を急ぐスズキ。クロスビーもそのうちの一台だが、決して粗製乱造ではなく、丁寧に作り込んだ印象だ。

カスタムのデザインには疑問 スペーシア

 自動車評論家によるポルシェ試乗記お約束のフレーズが「最新のポルシェが最良のポルシェ」。そりゃそうだろう、というツッコミはさておき、これをもじって「最新の軽が最良の軽」というのは間違いないだろう。窮屈な車体寸法と限られた排気量の枠内で、各社が激しいシェア争いを繰り広げる軽自動車市場。それぞれの売れ筋を互いに研究し尽くして送り出される最新モデルたちは、いずれもその時点で最も優れた操縦安定性や衝突安全性をおおむね備える。

 2代目となった新型スペーシアも例外ではない。現行アルトから採用している共通プラットフォームは軽量かつ高剛性で、開口部が大きくて重量がかさばる両側スライドドアを備えていながら、挙動のモッサリ感は少ない。防音材を増やしたことで、耳に入ってくる車内外の騒音はいくらか小さくなった。軽で初となるバック時の自動ブレーキなど、最新の安全運転支援機能も備える。そして何より、シンプルだが個性に乏しかった先代とはうってかわって、スーツケースをイメージしたという道具感を強調した内外装の造形が印象的。押し出し感は控えめながら、「無印良品」的なセンスの良さが光る。

 ただし、これはあくまでターボが付かない廉価な標準車の話。販売の主力になるとみられる内外装の装飾が派手なターボ付き若者向け仕様「カスタム」のデザインセンスには疑問が残った。高級ミニバン顔負けの、いかついメッキ装飾グリルと細長いつり目のヘッドライトは、ボディー側面のくぼみなどスーツケースに着想を得たもともとのデザインとの整合性がちぐはぐで、取って付けた感が拭えない。ぜひ標準車にもターボ仕様を用意して、オトナが乗れる軽ハイトワゴンとして売り出してほしい。それが難しければ、標準車をベースに、さらに簡素で廉価な商用バンに仕立ててはどうか。このほのぼのとした雰囲気は、こじゃれた個人商店にうってつけだろう。

 そんな新型スペーシアに託されたのは、昨年の新車販売台数1位となったホンダの大ヒット軽ハイトワゴン「N―BOX」に打ち勝つことだ。室内の広さや使い勝手、動力性能ではスペーシアもけっして劣らない。しかし、長時間運転して疲労が少ないのはN―BOXの方だろう。スペーシアは薄いクッションのシートや、ドライバーが左足を置くフットレストがないのが気になった。きちんとフットレストを備えて肉厚なシートを用意するホンダに、ドライバーへの配慮にコストを惜しまない姿勢をより強く感じた。

個性派を育てるのが苦手?

 自らを「中小企業のおやじ」と称する鈴木修会長のキャラクターの影響からか、堅実で地味なイメージが強いスズキ。過去には意欲的なコンセプトの独創的なクルマも少なくないが、古典的なFRオープンスポーツを軽で実現した「カプチーノ」や軽ピックアップトラックの「マイティボーイ」は、いずれも一代限りの短命に終わった。また、モデルチェンジのたびごとに個性が弱まってしまうケースも多い。いまや定番カテゴリーとなった軽ワゴンの元祖でもある「ワゴンR」や、女性向けに特化した内外装の「アルトラパン」は、無難な代替わりを繰り返した結果、他メーカーの競合車種が増えたこともあり、存在感まで徐々に薄れてしまった。

 「ワゴンとSUVの長所を組み合わせた新ジャンル車」として個性派を強調するクロスビーは、独自性と出来栄えの良さから手堅いヒットが予想される。しかし、この1リッタークラスの変わり種SUVカテゴリーにも、そう遠くないうちにトヨタグループをはじめ各社がこぞって参入するだろう。その後も存在感を維持できるかが焦点だ。

 近年のスズキは、確かな開発力と生産技術の蓄積に加えて、デザインセンスの良さでも評価が高い。このほど投入された意欲的な2車種も、個性をそがない辛抱強いブラッシュアップを続けてほしい。そして、唯一無二の本格軽クロカン「ジムニー」のように、メーカーの代名詞とも呼べる新たなロングセラーに育つことを期待したい。(北林慎也)

こんなニュースも