[PR]

(23日、大相撲初場所10日目)

 関取の高齢1、2位のベテラン2人が、十両転落の危機と戦っている。

 幕内在位84場所で歴代9位の麒麟児に並んだ38歳豪風。この日「とっさ」の引き技で2勝目を挙げたが、すでに8敗。今場所は東前頭13枚目で、このペースでは76場所連続で守ってきた幕内の地位が危うい。「勝った負けたで心が揺れていたら今の自分はない。力を出せるようにやっていく」

 関取最年長の39歳で西前頭10枚目の安美錦は、右ひざ痛をこらえて5日ぶりに再出場。幕内出場1379回で寺尾を抜いて歴代単独4位としたが、惨敗した。これで不戦敗を入れて1勝6敗3休。「休んだら下がるんだから」と出場を続ける意欲を見せたが、幕内に残るには、残りの土俵で白星を積み上げるしかない。