[PR]

愛知工業大学名電高校(下)

本当に君はつよいよ!!

 吹奏楽の名門・愛知工業大学名電高校吹奏楽部の2017年度の部長を務めた「りほやん」こと柴田梨帆。強豪校の部長であり、2年生のころから、全日本吹奏楽コンクールを目指す座奏Aチームにも選ばれていた。しかし、かつてのりほやんは人間的にも演奏的にもずっと自信が持てなかった。

 2年生のときは、フルートのトップ奏者を支えるアシスタントの役割を任されていたが、支えるどころか頼りない演奏しかできなかった。

 「なんて自分は弱いんだろう。きっと先輩に、足手まといだって思われてる……」

 トップ奏者の先輩は部内で一番厳しい人だった。りほやんは何度も叱られ、涙を流した。けれど、先輩は決してりほやんを見捨てず、最後の最後まで面倒を見てくれた。

 2016年の全日本吹奏楽コンクール全国大会の前日、先輩がりほやんに手紙をくれた。そこにはこんなことが書いてあった。

 【よくこんな私の隣でずーっと頑張ってこれたね。えらい!! わがままだし言葉遣い汚い私を嫌な顔ひとつ見せず、先輩としてあつかってくれて本当にありがとう!! 本当に君はつよいよ!!】

 りほやんは感激で胸がいっぱいになった。やっと先輩に認めてもらえた。頑張ってきてよかったと思った。特に、「本当に君はつよいよ」というコトバがうれしかった。

 ずっと自信がなく、弱いと思っていた自分。けれど、先輩が「つよい」と言ってくれたのだから、自信を持ってもいいのかもしれない。もうこれからは、弱い自分にさよならだ――。

 次の日、りほやんは先輩や座奏…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも