[PR]

 県内は23日、夜通し降り続いた雪のため平野部でも20センチ超の積雪となり、転倒やスリップ事故が相次いだ。県のまとめでは、けが人は42人に達し、うち2人が骨折の重傷。鉄道や高速道路など交通機関は乱れ、休校などの影響も出た。

 県危機管理課によると、栃木市で22日夜、60代女性が自宅玄関前で転び、左足を骨折。23日朝には芳賀町で新聞配達中の70代男性が転倒し、右足を骨折した。

 県警交通企画課によると、宇都宮市で22日夜、走行中の乗用車が路面の雪でスリップし、信号待ちの乗用車に追突。追突された車の50代男性が首に軽いけがをした。22日正午~23日午後4時のスリップ事故は528件に達し、半数以上の298件が車の追突事故だった。

 鉄道も乱れた。JR日光線は鹿…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら