[PR]

 イスラエルの洞窟で見つかった化石から、現生人類が約17万~19万年前の時点で、アフリカから中東に移動していたことがわかった。これまでの定説より約4万~5万年さかのぼるという。国際研究チームが25日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。

 現生人類の起源はアフリカで、およそ約12万年前にアラビア半島やアジアに広がったと考えられてきた。今回、イスラエルなどのチームがイスラエル北部のカルメル山の洞窟で、約17万7千~19万4千年前の上あごの骨や歯を発見した。

 化石をCTスキャンなどで詳しく分析し、アフリカや欧州、アジアで見つかったほかの人類の化石と比べたところ、特徴から絶滅したネアンデルタール人などではなく、現生人類の化石と判断した。

 国立科学博物館の篠田謙一・人類研究部長は「化石が発見されたイスラエルのカルメル山では、以前から現生人類やネアンデルタール人の化石が見つかっていた。今回の発見は、現生人類がアフリカからアジアやヨーロッパに広がり始めた時期をより詳しく示す意味で重要だ」と話している。(小堀龍之)

こんなニュースも