[PR]

 世界初の民間による月面探査レースを主催する米国のXプライズ財団は23日、日本のチームHAKUTO(ハクト)を含む世界の5チームすべてが、3月末の期限までに月面に到着できないまま、レースが終了する見通しになったと発表した。

 レースは、米グーグルがスポンサー。3月末までにロケットを打ち上げて探査車を月面に送り込み、500メートル以上移動させて撮った映像を地球に送ることがミッション。チームHAKUTOのほか米国やインド、イスラエルなどの計5チームが決勝に進み、一番早く達成したチームに賞金2千万ドルが贈られる。

 だが、探査車を月面に降ろす着陸機の開発が遅れたり、資金が集まらなかったりするなど、各チームとも難航。同財団が全チームと協議したが、3月末までにミッションを達成できる見通しはなく、レースは期限を延長せずそのまま終了する方向になった。