[PR]

 初詣客の多さでは東海地方有数の豊川稲荷(愛知県豊川市)。好天に恵まれた今年の正月三が日は150万人もの初詣客でにぎわい、過去30年で最多だった。だが、そんなにメジャーな豊川稲荷が、「神社」ではなく「お寺」であることは意外に知られていない。鳥居もあるけれど、どうして?(宮沢崇志)

キツネに乗る鎮守

 元日、豊川稲荷の本殿へ向けて長い人の列ができた。

 総門から左に曲がり、一対のキツネの像がある一の鳥居、次いで二の鳥居をくぐって進む。本殿にたどり着いた初詣客のなかには、神社での作法である「二礼二拍手一礼」をする人もいた。

 でも、豊川稲荷は神社ではなく…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら