[PR]

 東京メトロは日比谷線の一部の列車内で29日から、試験的にクラシックなどのBGMを流す。通勤列車では国内初といい、同社は「快適な車内空間になれば」としている。利用者の意見を聞き、今後の活用を検討する。

 ラッシュ時間帯を避けた日中の時間帯に、北千住と中目黒を2往復する新型車両「13000系」1編成で試行。ショパンの「ノクターン」などのクラシックやヒーリング音楽を流す。

 従来の車両は、乗務員がマイクで話した声を流すことしかできない。だが、昨年3月にデビューした13000系は、イベントでの使用などを想定し、音源とつないで音楽を流せる高音質スピーカーを搭載している。(千葉雄高)