[PR]

「トランプ王国」熱狂のあと ラストベルトに住んでみた:4

 アパート近くのバーで若者と飲んでいると、薬物の話になることが多い。「クスリに興味あるか」と誘ってくるケースが半分ぐらいで、残りはその流行を嘆く声だ。

 嘆く人々は口をそろえる。「この辺りでは、薬物の過剰摂取で死んだ知り合いや同級生、親族がいない人はいない」。最初は大げさな表現と感じたが、2年ほど取材した実感としては、これは事実だ。

 私がアパートを借りたのは、オハイオ州北東部のトランブル郡。かつて製鉄業と製造業が栄えたラストベルト(さび付いた工業地帯)に位置する。2005年の郡内の薬物の過剰摂取での犠牲者は29人だったが、2015年に89人に、16年には111人まで増えた。危機が叫ばれる中で、増加を止められていない。

 米国で「オピオイド」と呼ばれる薬物の過剰摂取が深刻な社会問題となっている。オピオイドは医療用鎮痛剤として使われてきたが、常習性が強く、依存症が広がった。ヘロインなどより強力な薬物の過剰摂取に発展するケースも目立つ。

 全米で2016年にオピオイドが関連した死者(ヘロインを含む)は、1999年比で5倍に増えた。2000年から2016年までに60万人以上が薬物の過剰摂取で死亡した。2016年の死者は6万3千人以上で、交通事故や銃が原因の死者よりも多い。毎日172人が死亡している計算だ。

 ニューヨーク・タイムズ紙によると、全米で推定200万人がオピオイド関連の問題を抱えている。2015年に処方箋(しょほうせん)が必要な鎮痛剤を服用した人は全米に9700万人いたが、うち1200万人は医師の指示を受けていなかったという。

 オハイオ州は全米有数の流行地帯だ。さらに私がアパートを借りているトランブル郡は州の中でも深刻なエリアの一つ。目立つのは若者、本来は働き盛りの世代の死だ。

 私は薬物問題を取材しているつもりはないが、この街を回っていると、目の前に「事件」が姿を見せる。例えば、喫茶店で昼ご飯を食べていると、店員から「先日も隣の建物の前に検視官の車両が停車してね、赤いボディーバッグ(遺体収容袋)が運び出されたよ」と世間話の一つとして聞かされる。

 一般的な取材では、薬物汚染の実態を報じるという目的を持って、特定の事件現場の周辺を歩き回ったり、薬物依存症の人々を支援する施設を訪ねたりする。そうやって「事件」に遭遇するのは当然だが、このエリアでは普通に暮らしているだけで出会うのだ。

 今回は昨年4月に遭遇した「事件」について書いてみたい。プライバシーを守るため登場人物には仮名を使う。

事件の現場へ

 バーのカウンターで飲みながら取材した女性がぼやいた。

 「わたし脳性まひのマリアの自宅で掃除ボランティアをやっているの。先日も夕方にマリア宅に着いたら、玄関のドアが開いたままになっていた。室内もいろんなものが出しっぱなし。変だなとは思ったけど、いつも通り掃除を始めたのね。しばらくすると外で懐中電灯の明かりが揺れているのが見えた。何だろと思っていたら、突然玄関のドアが開いて、銃を手にした警察官が入ってきて、私は腰を抜かしそうになった。思わず『何なのよ!』って声を出してしまった。警官の話を聞いてわかったんだけど、マリア宅から盗み出された薬を吸引した若者が意識不明になって発見されたの。コンビニの駐車場に止めた車の中で死にそうになっていたわけ。薬のボトルにマリアの名前が書いてあって、住所を割り出して家にやってきたというわけよ」

 彼女は、最近の若者は困ったも…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも