[PR]

 日本棋院と関西棋院は24日、2017年の囲碁棋士の賞金ランキングを発表し、井山裕太名人・七冠(28)は1億5981万円で7年連続の賞金王となった。昨年、名人を奪還して2度目の七大タイトル独占を成し遂げたほか、持ち時間の短いテレビ棋戦NHK杯でも優勝。16年の1億3494万円から大きく獲得賞金を増やした。2位は王座と天元のダブルタイトルで井山に挑戦した一力遼八段(20)で2523万円、3位は前名人の高尾紳路九段(41)で2459万円。女性棋士も健闘し、女流三冠の藤沢里菜女流名人(19)は2404万円で4位となった。

◆囲碁棋士2017年賞金ランキング

①井山裕太名人 1億5981万4000円

②一力遼八段    2523万7300円

③高尾紳路九段   2459万5000円

④藤沢里菜女流名人 2404万9700円

⑤山下敬吾九段   2180万7300円

⑥河野臨九段    2171万3400円

⑦本木克弥八段   2097万7400円

⑧謝依旻女流本因坊 2047万2400円

⑨芝野虎丸七段   1890万8700円

⑩六浦雄太七段   1699万6200円

こんなニュースも