[PR]

 鹿児島市松陽台町で市内の女子高校生(16)が刺された事件で、殺人未遂などの容疑で鹿児島県警に逮捕された、県内の中学校に通う少年(15)が調べに対し、「受験でストレスがたまっていた」と供述していることが、捜査関係者への取材でわかった。

 逮捕容疑は、7日午後1時15分ごろ、同市の松陽台ふれあい公園付近の歩道で、女子高生の腹や背中などを果物ナイフのような刃物(刃渡り約9センチ)で複数回刺したというもの。

 捜査関係者によると、女子高生の血が付いたナイフが公園内で見つかっており、少年は「自宅から持ってきた」と説明しているという。また、事件前に公園近くのJR上伊集院駅付近を行き来する姿が防犯カメラに映っていたことから、県警は、人通りのある駅周辺で襲撃相手を探していたとみている。

 県警は防犯カメラの映像などから少年を特定。20日に職務質問をし、その後、逮捕していた。(野崎智也)