[PR]

 猫から「コリネバクテリウム・ウルセランス菌」に感染したとみられる福岡県の60代女性が亡くなった。国内での死亡例は初めてだ。室内飼いが増え、人とペットの距離が縮まる中、過ぎた接触は飼い主に思わぬ病気をもたらす?

 厚生労働省によると、女性は2016年5月、呼吸困難に陥り、救急車で医療機関に運ばれて3日後に亡くなった。血液などからコリネバクテリウム・ウルセランス菌が検出された。女性は屋外で猫3匹にえさをやるなど世話をしていたが、うち1匹から菌が検出されており、猫から感染した可能性が高いという。

 この感染症は、猫や犬のくしゃみや鼻水などからうつる。のどの痛みやせきなど風邪に似た症状が出て、重症化すると呼吸困難などに陥る。国立感染症研究所によると、国内では01年に初の患者が確認され、昨年11月までに25人の感染が報告されている。その多くが猫や犬からの感染とみられる。同省の担当者は「くしゃみや鼻水などの症状がある猫や犬に触れる際は注意し、早めに獣医師の診察を受けさせてほしい」と話す。

 動物から人に感染する病気は、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら