[PR]

 自分の口座に水増しした給与を振り込ませ、約222万円をだまし取ったとして、栃木県警は24日、同県下野市職員の吉葉仁一容疑者(49)=同市文教2丁目=を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。「不正受給したことは間違いない」と容疑を認めているという。県警は、数年間にわたって計3千数百万円を不正に受給した可能性があるとみて調べている。

 県警によると、同市の職員給与を管理する立場だった吉葉容疑者は昨年9月上旬ごろ、給与などの総額を水増しした公文書と、自分名義の口座に振り込ませるための虚偽のデータを作成し、計222万796円をだまし取った疑いがある。借金の返済やギャンブルに必要だったと説明しているという。