[PR]

 1人が死亡、11人が負傷した草津白根山(群馬県草津町)の噴火に、悔しさをにじませる火山学者がいる。四半世紀にわたり観測を続けてきた東京工業大の野上健治教授(54)。「想像もしていなかった。これからどう対応すればいいのか」。噴火予知の難しさに危機感を募らせている。

 「まさかここで起きるとは……」。23日午前10時過ぎ、草津白根山の一つ、本白根山の山頂付近から上がる噴煙を町内の自宅で目にした野上さんは信じられない思いだった。

 30分ほど後、噴石が落ちてき…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら