【動画】大竹しのぶさんは、明石家さんまさんとの婚約指輪にまつわるエピソードを披露=永田篤史撮影
[PR]

 過去1年間を通じて「最もジュエリーが似合う人」などを選ぶ「日本ジュエリーベストドレッサー賞」の表彰式が25日、東京都内であった。30代部門で選ばれた俳優の上戸彩さん(32)や60代以上部門に輝いた俳優の大竹しのぶさん(60)らが登壇し、喜びを語った。

 上戸さんは「私も母になったので、今つけているジュエリーを娘がつけてくれたら良いな、と思いながら、一つ一つ大切にしていきたいと思います」などと述べた。大竹さんは2番目の夫だった明石家さんまさんとの結婚時、さんまさんが婚約指輪に何を選べばよいか分からず、「自分で選べばええやん」と言われたというエピソードを披露し、会場の笑いを誘った。「そんなに高いものは買えないな、と思って普通のものを買いました。それもまだ持っています」と明かした。

 他に選ばれたのは、タレントの岡田結実さん(10代部門)▽俳優の菜々緒さん(20代部門)▽俳優の遼河はるひさん(40代部門)▽俳優の浅野ゆう子さん(50代部門)▽俳優の福士蒼汰さん(男性部門)▽俳優の浅丘ルリ子さん(特別賞女性部門)▽世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太さん(特別賞男性部門)。(永田篤史)