写真・図版

[PR]

 数年前から「アーモンドミルク」と呼ばれる飲料を見聞きするようになりました。手軽に栄養をとれる手段として注目されているようです。

 アーモンドミルクは、アーモンドと水などをミキサーにかけ、こした飲み物。ライスミルクやココナツミルクとともに、牛乳、豆乳に次ぐ「第3のミルク」と呼ばれる。海外では数十年前から飲まれており、米国では豆乳を抑えて、植物性ミルクの代表格になっているという。

 アーモンドに詳しい慶応大の井上浩義教授(薬理学)によると、アーモンドにはビタミンEや食物繊維、オレイン酸が豊富に含まれる。井上さんらの研究で、成人男女19人(BMI24~28)が半年間、毎日アーモンド25粒食べ続けたところ、体重が平均3・4キログラム減った。井上さんは「普通の食事が10~20回かむのに対し、アーモンドは30~40回かむ必要がある。毎日たくさん食べ続けにくい人もいるが、砕いて液体にすればとりやすく栄養素の吸収率も上がる」と指摘。「高齢者らが手軽に必要な栄養を摂取する手段として広まってほしい」と話す。

 アーモンドミルクの作り方は簡…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら