[PR]

 12人が死傷した草津白根山(群馬県草津町)の噴火で、スキー中に降り注ぐ噴石に当たり、左腕を折るなどの大けがをした埼玉県志木市の松沢貞雄さん(79)が25日、入院先の病院で取材に応じた。近くで訓練していた自衛隊員の中には、噴石が当たり、命を落とした人もいる。死を覚悟したという松沢さんは「どうしようもなかった」と噴火災害の恐ろしさを語る。

 松沢さんはスキーが趣味で、冬になると、1週間おきに自宅と草津を往復し、草津国際スキー場で滑りを楽しむ。23日午前10時ごろ、ロープウェーの山頂駅付近から滑り降りようとしていた。

 その時、誰かの叫び声を聞いた。

 「噴火!」

 山頂方向を見上げると、白い煙…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら