【動画】先着順で会えるパンダのシャンシャン=鬼室黎撮影
[PR]

 東京・上野動物園は1日から、ジャイアントパンダの赤ちゃん「シャンシャン」の観覧方法を先着順に変更した。初日は表門前をぎっしり埋める長い列ができ、朝9時半に開園すると整理券を手にした人の列がパンダ舎前に再び伸びた。

 整理券の配布枚数は1日約9500枚で、抽選方式では1日2千人だった観覧人数は大幅に増える。午前9時45分~午後2時15分だった観覧時間も午後4時45分まで延長。整理券には時間帯が記載されていて、パンダ舎前に集まった観覧者は約25人ずつに分かれて入館し、1~2分ほどシャンシャンと母親のシンシンの様子を楽しんだ。

 最前列に並んでいた埼玉県所沢市の大学教授天野宏司さん(48)は前夜から上野に泊まり、午前3時に門前に。「パンダはかわいいじゃないですか。抽選には延べ12回分はずれたがようやく見られる」。午前4時半から並んだ文京区の中学生、塩之入壮さん(15)も幾度も抽選に応募したがはずれたという。「並べば必ず見られる先着順の方がいい」と話した。

 この日から屋内のパンダ舎に加え、屋外の運動場も公開。木に登ったり竹をくわえたり、活発に動き回るシャンシャンの様子に歓声が上がった。「朝早くから並んで見たシャンシャンはかわいさも格別。まさに生きたぬいぐるみでした」と千葉県市川市の中学生、清水優さん(15)は声をはずませた。

 「大きな混乱もなくほっとした」と渡部浩文副園長。ただ大型連休や夏季の繁忙期には「この方式でできるのか検討が必要」とし、抽選方式の復活を含め、対応を検討するという。(西本ゆか)