[PR]

 気象庁によると、強い冬型の気圧配置の影響で、26日朝も厳しい冷え込みが続き、さいたま市では1977年の観測開始以来、最も低い零下9・8度を記録した。千葉県船橋市で零下4・1度、静岡県御殿場市で零下8・4度、山梨県の河口湖で零下13・9度など、各地でこの冬一番の寒さとなった。東京都心も零下3・1度だった。

 北海道では26日昼まで雪を伴う強い風が吹くほか、北日本から西日本では27日にかけて、日本海側を中心に大雪となる見込み。気象庁は路面の凍結や雪崩への注意を呼びかけている。