[PR]

(26日、大相撲初場所13日目)

 10連勝のあと2連敗の鶴竜に対し、御嶽海は7連勝のあと5連敗。前者の迷いは深く、後者は吹っ切れていた。鶴竜は緩慢な動きの張り差し。猛然と踏み込んできた御嶽海に、体ごと持っていかれた。惨敗で3敗に後退。「なんとか悪い流れを断ち切りたい」。残り2日の戦いに向け、こんな言葉しか出てこなかった。