【動画】ラグビーワールドカップ日本大会の公式マスコットのレンとジー=鬼室黎撮影
[PR]

 2019年にアジアで初開催されるラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の公式マスコットが26日、東京・明治記念館でお披露目された。日本の伝統文化を感じさせる獅子をモチーフにした一対の親子ペアで、白い髪が親のレン、赤い髪が子どものジー。名前は連獅子からとって「レンジー」と名付けられた。ともに顔がラグビーボールの形となっている。

 ラグビーW杯でマスコットが採用されるのは、英・ウェールズを中心に開かれた1999年大会以来。大会組織委員会はW杯の知名度向上やグッズ販売による収入増につなげる狙い。嶋津昭事務総長は「作製は我々の強い願望だった。2年ほどコンセプトを育て上げてきた」と話した。

 ラグビーW杯は19年9月20日~11月2日、全国12都市で開催される。